ペット輸送の情報はしっかりと事前に調べておく|大事なペットの為に

物流のサービス

バイク

荷物を届ける方法として、バイク便が人気になってきています。バイク便は他の宅配便などに比べて小回りのきくサービスを提供していますので、お急ぎの時などに重宝します。料金の相場などを調べて、自分に合った業者を見つけましょう。

もっと見る

生き物との旅

動物

生き物の種類

飛行機やバスなどでペット輸送ができるのは、犬・猫・小鳥・ウサギ・ハムスターなどです。これら以外のマニアックなペットについては、輸送機関にお問合せください。ペットの中には、暑さや寒さに弱い種類があるため、暑さ対策や寒さ対策を考えておいてください。夏の暑い時期や冬の寒い時期などの旅行は、できれば避けた方がよいでしょう。気候の良い時期に連れていくことです。一般的にペット輸送は、ケージなどに入れて運ぶことになります。ケージをお持ちでない場合は、レンタルしているところもあります。ペット輸送中は飼い主と別に保管されることになるので、食事やトイレなどを済ませておく必要があります。ワクチンなども済ませておくのが、預け入れのルールとなっています。事前に下調べしておきましょう。

動物の健康状態

ペット輸送の最中は、動物の健康状態が心配されます。ペットが保管される場所が、空調の効いた温度管理の良い場所とは限りません。輸送機関によっては、暑い場合に保冷剤、水分補給を考えた給水器のサービスなどが行われている場合があります。ペットと旅行に出かける前には、食欲はあるか、元気な状態を確認した方がよいでしょう。熱があったり、排尿に異常がある場合などは、健康状態が回復してから連れて行きましょう。自宅にいるときは普通の状態でも、慣れない環境の場所に行くと、一気に体調が崩れることもあります。乗り物特有の揺れや騒音などが影響することもあるようです。ペット輸送は、動物が健康なときに、短時間で移動できるものを選んだ方がよいでしょう。

安心できます

作業員

アパレルのビジネスを行う場合、大阪の物流倉庫を利用することをお勧めします。在庫管理や検品などお願いすることができます。またプレス加工や汚れ落としもお願いでき、人気がでています。しっかりとしたサポート体制があるため安心できます。

もっと見る

多様化する倉庫

倉庫

物流倉庫とは一般的な倉庫に物流に必要なサービスを付与したものです。物流倉庫では、検品、入庫、保管、仕分け、出庫などといった作業を行ってくれるので、自社で倉庫を保有するよりもコストを抑えることが可能です。

もっと見る